靴下を適切に扱うための心得について

靴下を適切に扱うための心得について

3倍長持ちする!靴下を傷めない洗濯方法

高価なシルクやウールの靴下や、お気に入りのブランドのソックスなどは、できるだけ長く愛用したいものです。
靴下は、衣類のなかでも消耗品としての性格が強く、定期的に買い替えることが必要ですが、気に入っているものはできるだけ長持ちさせるに越したことはありません。
末永く愛用するためには、洗濯に最大限の注意を払う必要があります。
というのも、指先に穴が開いたり、踵の部分が薄くなってしまう原因として、洗濯が大きく影響しているからです。
最も大切なのは、素材ごとに適切な洗濯をすることです。
シャツやスカートなどには、洗濯方法等を指示した洗濯タグが縫い付けられています。
ところが、ソックスには洗濯タグが付けられていないのが普通です。
タグはついていなくても、適切なお洗濯の方法は定められています。
靴下のパッケージに、洗濯機で洗ってよいかということや、洗うときの水温など、細かい注意事項が記されています。
購入したときに、この注意書きを熟読して、必要ならばメモにしておくとよいでしょう。
そして、洗濯機の洗い方は、生地を傷めないようにできるだけソフトな洗い方を選択することが大切です。
刺繍やプリントがついているときは、生地を裏返しにして、洗濯ネットに入れてから洗うと、傷みを抑えることができます。

靴下を適切に扱うための心得について

靴下は足先を保護するために使用する下着の一種で、保温性に長けているのが特徴です。
また、生地の弾力性を活かして歩行時に足にかかる衝撃を緩和する効果もあります。
利用目的に応じて最適な一足を選ぶことが足回りを安定させるための心得なので、購入の際は生地の材質を確認しておくことが大切です。
靴下は常に足に触れていることから、汗や垢を吸い続けることになります。
汗は発汗量が多く、靴を履くことで通気性にも乏しいことから雑菌の繁殖によって悪臭が生じやすい傾向があります。
臭くなった靴下はそのまま放置するとカビが生えて生地が傷むことがあるので、一度履いたら必ず洗濯するように心がけます。
近年では抗菌加工が施されて長時間履き続けても臭くならない製品が市販されていますが、汗や垢が付着して不潔な状態になっているので清潔に保つためには丁寧に洗濯する必要があります。
また、汗をかきやすい環境では生地が大量の汗を吸い込んで歩行に支障が及ぶケースもあるので、状況に応じて複数用意しておくことも快適に使用するための心得になります。
サイズが合わないと思わぬ事故を引き起こすことがあるので、必ず丁度いいサイズの製品を履くことが大切です。

注目サイト

埼玉でリフォームをはじめ、メンテナンスなども請け負います。

リフォーム 埼玉

お子様の安全を考えたおしゃれなマットです。

プレイマット ベビー

加工の専門工場だから用途に合わせて製作できます!

プラダン

最終更新日:2017/10/30

 


△TOPへ

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright 2015 靴下の履き心地 All rights reserved.